かんころ餅

なぜ、そうかやの『かんころ餅』がおいしいのか?

かんころ餅の材料は・・・
     カンコロ(干し芋)・もち米・砂糖
でも、この3つだけで作られるかんころ餅はほとんどない。
なぜなら3つだけなら日持ちしない。
     ・すぐに固くなる
     ・カンコロ(干し芋)がたくさん必要  
   だからです。

草加家のかんころ餅は、45年前から変わっていません。
カンコロ(干し芋)が、たっぷり入っていて素朴さを失わず、
杵つきで餅のおいしさを出しています。
砂糖もきび粗糖で、やさしい甘さになっています。
そして、かんころ餅の中に水分をあまり加えてないので
焼いた時にもカラッとして、ベタつきません。

何より、今や長崎の島でのみ作られる『カンコロ(干し芋)』の生産者との
つながりを大切にしているのです。
   
e0196258_21154182.jpg

[PR]
by soukayablog | 2013-02-15 21:16 | つれづれ